深田恭子が整顔をカミングアウト!整顔って何?整形との違いは?胸は豊胸?

深田恭子が整顔をカミングアウト!整顔って何?整形との違いは?胸は豊胸?

歳を重ねてもいつまでも変わらない美しさを保つ国民的女優の深田恭子さん。

あのおっとりとした喋り方と素敵な笑顔。

深田恭子さんが嫌いな男性なんてこの世の中にはいないはず!笑

最近では雑誌週刊プレイボーイの表紙を2週連で飾るなどまだまだ人気が衰えることはありません。

自身の写真集を発売するにあたり宣伝のため、週刊プレイボーイの表紙を飾ったのだと思います。

今年で37歳になる深田恭子さん。

写真集を見ると年齢を感じさせない容姿をしていました。

過去にバラエティ番組で整顔をカミングアウトしたこともあります。

えっ整顔って何?整形との違いは?

調べました。よかったら記事を読んでください。

Advertisement

深田恭子 整顔をカミングアウト!

国民的女優が整形をカミングアウトしていた!!??

と思いましたが、実際には整顔(せいがん)が正しいようです。

整顔をカミングアウトしたのは2011年当時放送されていたTOKIOが司会を務めるトークバラエティ番組「5LDK」での発言でした。

当時の深田さんは28歳です。

4分15秒から整顔の方法をカミングアウトしています。

画像出典元:アメブロ

 

2009年当時の深田恭子さんと比較すると、整顔に行かれてから顔がシャープになった気がします。

たった30分で2.8cm縮むなんて普段、時間をかけて努力しているなんてバカらしくなってきます!笑

そして、1箇所あたりの施術の料金が21万円にはびっくりしました。

※放送当時の料金なので今現在の料金とは違います

21万円が手元にあったらみなさんは何に使いますか?

僕は海外旅行が好きなので旅行のためにお金を使いますね!!

僕の話は置いといて、お金の使い方が芸能人っぽいですね。

僕の勝手な想像ですけど、芸能人はお金をパーっと使っていそうなイメージです。

まぁ、料金が料金なので、一般の方の収入ではなかなか勇気がいります。

芸能界は、見た目そのものがその人の価値を決めると言っていいほどの世界なので、芸能人だからこそできる自己投資なのではないでしょうか。

Advertisement

そもそも整顔ってなに?

動画をみてもらえればわかると思いますが、

美容整体の1つで頭蓋骨を形成する23枚の骨をつなげるつなぎ目を縫合線と呼びます。

そして縫合線が10代後半から開き、顔が大きくなることによって顔が歪んだりむくんだりしてしまう原因となってしまいます。

この縫合線を元通りにすることで小顔になるということです。

これが整顔と言うみたいです。

深田恭子さんが施術を受けたサロンの名前は公表されていませんが

放送では住所がのっていたので興味がある方は調べてみてください。

でも、放送されてから9年近く経っているので店舗の場所が変わっている可能性はありますが。

Advertisement

整形との違いは?

整顔と整形の違いは、、

整顔とは、、手技でリンパの流れを改善することで圧迫されていた血管やむくみを改善することで代謝が良くなり、体内にある老廃物を排出しやすくなる効果があります。

なので顔のむくみをとることによって本来の顔(骨格)に戻す。という表現が正しいのでしょうか。

対して整形とは、、みさんもご存知だと思いますが、人工的に形を整えることをいいます。

この2つの違いは、天然物か人工物かの違いです。

Advertisement

胸は豊胸しているの?

画像出典元:オリコンニュース

 

ここ数年、2週連続で週刊プレイボーイの表紙を飾る方は僕が知っている限りでは深田恭子さんのみです。

週刊プレイボーイは、10代〜20代のグラビアアイドルが表紙を飾ることが多いなか、今年で37歳となる国民的女優が水着で登場するなんて予想もしていませんでした。

しかし、年齢を感じさせない綺麗なボディラインをしています。

僕は深田恭子さんのファンなので昔からみてきていますが、本当に変わりません。

でも、ひとつ気になることが、、

胸ってこんなにありましたっけ??笑

多少なりとも加工の力があるにしてもデカイです!!

こんなに胸がでているイメージはありませんが、もしや豊胸でもしたのかと思い調べてみました。

結果、豊胸についての事実確認をとることができませんでした。

てことで、彼女の胸は天然でした。

元々深田さんはガッチリした体型でウエストなどが絞れてきたことにより胸が大きく強調されてきたのだと思います。

この綺麗さに胸もあるなんていったい神様は何を考えているのでしょうか。

僕なんて薄毛で苦労しているというのに、不平等です!笑

記事を書きながらですが改めて深田恭子さんの魅力を感じることができました。

みなさん最後まで読んでいただきありがとうございます。

未分類カテゴリの最新記事